読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業エレキ技術者のブログ

産業用途向けカメラメーカーのエレキ技術者が綴る日常。ソフト(ScoutChcker)も作ってます!

AndroidとiOSと


今日はこの記事。

 

www.gizmodo.jp


正直、iOSについては
ぼくもiPadを持っているので
ほんと辟易していた。


一旦バージョンアップすると
新たなバグと付き合うことになり。


それがどんなにひどくても
戻すことも出来ず
ひたすら改善されたバージョンアップを待つだけ。


これがまた、ハードが1個で
Androidに比べたら全然対応が簡単なはずなのに


ひどい状態のままリリースされている。


Apple信者はどMだねw


あれは、みんなで否!を叩きつけないと改善しないよw


信者に甘え、安穏とやってる様が目に浮かぶ。


しかし、この記事を見ると
その中央集権的な運営が結果的に
アプリ開発者にプラスになっているって話。


アプリ開発者にしてみたら
ハードもOSも1個だからデバッグ作業も楽なんでしょう。


それに比べて
この記事のAndroidの派生具合と言ったらw


確かに、Androidユーザーにしてみると
不具合が無きゃOSバージョンは上げない。


上げることのリスクを非常によくわかっているから。


そうすると、バージョンアップする度に
上げる人と上げない人で分かれていき。


最終的には
こんな風に超複雑化してしまう。


これのもう一つの問題は
キャリアごとにカスタマイズしてる点。


メインでバージョンアップがあると


それぞれのメーカーの枝は
そのメーカーがカスタマイズし直さないと
ずっとバージョンアップまで行かない。


勢いあるメーカーはすぐやるだろうけど
そうでも無いあっぷあっぷしてる所なんて
恐らくバージョンアップの見通しさえ無いのも
多いでしょう。


カスタマイズができることで
多くのメーカーが参入して来てるんだけど
その替わりに、アプリ開発者にしわ寄せが行き。


アプリの量の差で
そのままユーザーの使い勝手に直結して


結果的にiOSに軍配が上がってしまう。


混沌と秩序


正直、Appleを秩序に例えるのは生理的に許せないけどw


結果的に1社独占の方が使い勝手が良くなってしまっている。


考えさせられますね。

 

正直言うと、Androidはバージョンアップをやめちゃえばいいんです。


ずっと同じバージョン。


そうするとね、自然とその最新バージョンにユーザーは集まってくる。


それか、向こう10年バージョンアップしません宣言。


これをやると
アプリ開発者やメーカーは
こぞってそのバージョンのみにエネルギーを投入できる。


Androidの復権ですよ。

 

まあでも、ハードの進化、Appleの動向
そう簡単な話じゃないことも分かってるけど。


OSはあくまでインフラ。
そうそう変えちゃダメだと思うんですよね。


寧ろ、変えないことによる信用というか信頼性。
こういった所も本当は評価対象であるべきだと思うんです。


そうですねえ、骨格は変えずに
バグ修正だけのバージョンアップ。


これでどんどんド安定を目指す。


この辺が良いような気がするんですよねえ。


営利企業には難しい相談でしょうけど。

 

ありとうございます!

 

 

基板起こしミス0%!回路図NET自動チェックツール
サイト
http://checker.scoutlabo.com/
ScoutChecker Ver 0.1.1.9   10/8リリース
細かい不具合を直しました。一部機能も改善。

ScoutChecker用データベース作成ツール
ScDBEditor Ver 0.0.1.0   10/4リリース
細かい不具合を直しました。

使い方動画をアップしました!
動画

ScoutChecker関連情報メールマガジン
読者登録
thaJ2@mail.os7.biz
こちらに空メールで読者登録がされます。

デバイス登録依頼
問合せフォーム
データベースに入れて欲しいデバイスがあれば、このフォームに書いて下さい。
こちらで入れてバージョンアップでフィードバックします!



質問や疑問、気になることがありましたら
sugaular@gmail.comにメールください。
全力でお答えします!

ランキングに参加2種(押して頂けると助かります)
1.人気ブログランキングへ
2.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村