読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業エレキ技術者のブログ

産業用途向けカメラメーカーのエレキ技術者が綴る日常。ソフト(ScoutChcker)も作ってます!

有限責任

 

www.gizmodo.jp


なんとなく
見てた。


閉店寸前の巨大ショッピングモール


ドキュメンタリタッチで
写してる。
個人のユーチューバーなのかな。


閉店寸前で
いろいろ物悲しい感じはあるんだけど
いまいち、命のやりとり感を感じない。


日本だと、お涙ちょうだいドラマやニュース。
下手すると映画に発展する
メディアミックス展開を考える人が居るかもしれない。


それくらいに寂しさを煽る映像。


アメリカの場合
終わる寸前でもいまいち
真剣味が足りない。


そもそも
ドキュメンタリタッチのナレーションを
入れるユーチューバーが突然笑いだしたりw
(がんばって聞いてたけど意味を理解できんかったw)


いや、だって
この巨大ショッピングモール
おそらく、何十億ってお金が
掛かってると思うんですが


そのお金、きちんと回収出来たのかなあとか
ここのオーナーは首をくくってなきゃいいけどとか


ビジネスを考える側から見ると
いろいろ気になるじゃないすか。


なんでだろうなと
考えたんです。


そして、一つのキーワードを
思い出した。


「有限責任」


アメリカって
ほとんどの場合
有限責任でしょ。


事業として発生した損は
個人の資産にまで
影響しないですよね。


これだと思うんですよ。


それって、
いろいろメンタルブロックが外れた
今のぼくから考えると

 

たかだか、商売ごときに
そこまでの価値は無い。


命を掛けてまでやる対象ではない。


命は家族を守るためにでも
とっとけや。


そもそも、ビジネスってのは
盤上の駒の取った取られたレベルであって
実際の体を張るのは間違いだ。

 

そういう背景があるような気がする。


そして、今の自分なら
その通りだと思える。


ついこの間までは
日本の無限責任


商売を立ち上げ
失敗したら夜逃げまで
考えないといけない
この仕組を肯定していた。


やっぱ、命賭けて
本気でやらないとね!


って


いや、成功を目指すなら
それくらいじゃないといけないけど


実際、失敗した人の生活を
無茶苦茶にするまで
追い込む、その仕組って
どーなの?


今の時代にあってるかい?


ちょっと考えてみても
いいのでは?


そう思ったのでした。

 

ありとうございます!

 

 

基板起こしミス0%!回路図NET自動チェックツール
サイト
http://checker.scoutlabo.com/
ScoutChecker Ver 0.2.1.2 2016/11/14 リリース!



質問や疑問、気になることがありましたら
sugaular@gmail.comにメールください。
全力でお答えします!

ランキングに参加2種(押して頂けると助かります)
1.人気ブログランキングへ
2.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村