読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業エレキ技術者のブログ

産業用途向けカメラメーカーのエレキ技術者が綴る日常。ソフト(ScoutChcker)も作ってます!

あさが来た その2


「あさが来た」を引き続き
見てるんですが。


江戸時代が終わって
明治時代が来る。


あらゆるものがガラガラポン。


従来の価値観と
新しい欧米の価値観が
どんどん流入され
ミックスされていく。


おいしい話も怪しい話も
玉石混交。


恐らく、それぞれに
成功例と失敗例が五分五分


目利きの能力も
生き死にを分けるくらい重要。


恐らく、野生の熊を眼前に
右に逃げるか左に逃げるか
死んだふりか襲いかかるか


このレベルで
自分のその瞬間の判断が
次の瞬間の自分の運命を握っている


そういう世界ですよ。


選択肢が生き死に直結する
際どい0と1の世界。


その上、現状維持が一番
危ない待ったなしな状況。


サラリーマンしながら
次への布石なんて
あまっちょろい世界じゃないんですよ。


大変そうだけど
ちょっとうらやましい。


どんどん新しい世界を見て
新しい見地を取り入れ
それをベースに
次にくる世界を見通す。


楽しくってしょうがない状態だと
思うんですよね。


たぶん、こういう話を聞いて
楽しく無さそうと感じる人は
起業とか考えちゃ駄目だと思うなあ。


まあ、明治の時代って
起業に興味がある人から見たら
羨望の時代じゃないかなと。


今の40代のぼくだったら
借金してでも欧米に渡って
見て回るかな。
(20代のぼくはアホだから、この判断は出来んなあw)


全部自分の目で見て
それを持ち帰って、将来への動きを見据える。


そこから何を選定するかは想像力。


そして、そこまでの人生の
引き出しの多さが勝負。


あ~w たのしそw

 

でもね、今の時代だって
見ように寄っては
似たようなもん。


寄らば大樹で
大企業に勤めてれば
将来安泰なんて幻想が
まだ残っている時代じゃないですか。


とっくにそんな時代は終わったのに。


実は明治時代と似たようなもんかもしれない。


ただ、不幸なことに
大政奉還とかないんでね。


その境目に多くの人が気付けないだけ。


そして、その一環として、
いつのまにか自分の土俵が勝手に
世界の土俵に繋がってしまっている。


従来みたいなクオリティじゃ
世界のライバルに勝てない。


新しい世界にアンテナを張り
自分の中から革新を求め
貪欲に動きまわる人しか
生きられない世界に来てるんだと思うのです。


そう考えるとね


こんな時代でも
ワクワクが止まらないわけですよw


このドラマ楽しいw


まだ最後まで見てないけど
久々に面白い連ドラだったんだなあ。

 

ありとうございます!

 

 

基板起こしミス0%!回路図NET自動チェックツール
サイト
http://checker.scoutlabo.com/
ScoutChecker Ver 0.2.0.0 2016/8/22リリース予定



質問や疑問、気になることがありましたら
sugaular@gmail.comにメールください。
全力でお答えします!

ランキングに参加2種(押して頂けると助かります)
1.人気ブログランキングへ
2.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村